Brodmann17の提供するアフターマーケット用ADAS ソフト ウエア パッケージ

アフターマーケット装置向けの包括的深層学習ソリューション

Brodmann17の提供するアフタ―マーケット向けADASソフトウエア   パッケージは従来のダッシュカメラ 機能の上にADAS機能を付加し新しい

ダッシュ カメラ市場の創造に向けて開発されたソフトウエアパッケージで

フリートマネージメント並びにドライバー スコアリングに理想的なソリューションを提供します。

Brodmann17のソフトウエアは既存のダッシュ カメラで 一般的に採用されているAmbarella, Samsung,  Qualcomm等のSoC で利用可能なリソースを使うようデザインされています。採用されているSoCのバージョン及び利用可能な処理とメモリーリソースに依りモノカメラと2-8コアを使います。

このユニークなソリューションは100%深層学習AIに基づいていますがBrodmann17の画期的な深層学習技術 即ちARM コアのみを利用する(GPUや他のAI アクセレレーターを必要としない)深層学習技術が寄与しています。

更にこのソリューションは100%事前にトレーニングされたソリューションとして、或いはソリューションを採用されるお客様独自のセットアップ、カメラ、

レンズに合わせてテーラーメードされたソリューションとして提供されます。

ADAS ビルディング ブロック

Brodmann17のADAS ソフトウエアは基本的なビルディング ブロック

デザインを採用しておりそれぞれのブロック・モジュールはトップクラスの自動車メーカーと自動車業界のタフな技術要求、技術基準を満たしています。

これ等のモジュールは遠距離にある車両、歩行者他の対象物をわずかなコンピューティングパワーで正確に検知します。

VD (Vehicle Detection) Icon

車両検出

PD (Pedestrian Detection) icon

歩行者検知

Object Measurements Icon

オブジェクト測定

TTC (Time-To-Collision) Icon

衝突までの時間

VRU (Vulnerable Road Users) Detection Icon

交通弱者 検知

OL (Obstructed Lens) icon

遮られたレンズ

本格的なADAS機能

Brodmann17のユーロNCAP技術基準に適合する機能は実証済のADASビルディングブロックデザインをベースに開発されており最先端のパーフォーマンス

実現の為に徹底的に試験された機能パッケージです。

FCW

前方衝突予測警報は道路の前方をモニターしドライバーに対し他車との差し迫った衝突の危険を警報にによって注意を促します。この機能は市街地及び郊外でサポートされます

LDW

車線逸脱警報は走行車線のレーン マーカーを検知し、運転者が意図せず走行車線から逸脱しそうなとき、警報によって注意を促します

PCW

歩行者衝突予測警報は車道・歩道をスキャンし」歩行者やサイクリスト」との差し迫った衝突の危険を刑法によって注意を促します

Available reference designs

To jumpstart your ADAS product you could choose from a variety of available reference designs

Basic ADAS suite

Full ADAS Suite

Ultimate ADAS Suite

Input Resolution

720p

1080p

1080p

SoC

2 ARM cores

4 ARM cores

Automotive SoC

Range

Mid Range

Far Range

Far Range

Application

FCW

LDW

VD 2D

 LD

TTC

FCW / uFCW

LDW

PCW

VD 2D

PD

LD

TTC

FCW / uFCW

LDW

PCW

VRU

VD 3D 

 PD

LD

TTC

Objects Measurements

次のようなご希望をお持ちであればWebからのコンタクトをお待ちします:

 現在使用中のカメラ,レンズでどの程度のプロセッサーの処理能力が必要か評価をしてみたい

データ取得とアノテーションに必要なガイダンスが欲しい

開発目標の製品の必要要件、仕様を定めたい

センサーフュージョンについてもっと知りたい

どのように短期間でBrodmann17の技術を自社の製品に実装組み込むか知りたい

評価試験をしてみたい