次世代の車両運行管理用ADAS

道路上でのベストの眼と頭脳

Brodmann17は処理能力の低い量販向けプロセッサーを使ったダッシュ
カメラ向けに最新鋭の精度を誇る最も効率的なソリューションを提供します

Brodmann17のソリューションは特許取得済の深層学習ニューラル
ネットワークをベースに当初より車載用のアプリケーションを念頭に開発されて
おり非常に高い精度を提供します。

Brodmann17のAIソフトウエアはグローバルに取得された何百万マイルに及ぶ
データと高度に多様化された教示データを基にテストされ、絶え間なく改善され
ています。

Brodmann17のソフトウエアは通常AIで要求される大きな処理能力に比較して少ない
処理能力でAmbarella や Qualcommといった一般的なSoC上で実行可能です。

車両管理にADAS導入

Brodmann17のADAS ソフトウエアはビルディング ブロックデザインをベー
スに開発採用されており基本ブロック・モジュールはトップクラスの自動車
メーカーと自動車業界のタフな技術要求、技術基準を満たしています。
これ等のモジュールは、今日利用できる他のソリューションに比べて僅かな
コンピューティングパワーで実行可能です

VD (Vehicle Detection) Icon

FCW
(Forward Collision Warning)

前方衝突予測警報は道路の前方をモニターしドライバーに対し他車との差し迫った衝突の危険を
警報にによって注意を促します。この機能は市街地及び郊外でサポートされます

TTC (Time-To-Collision) Icon

HMW
(Headway Monitoring)

前方車間距離警告は前方を走行する車両迄の距離を秒数でモニター、表示し車
間距離が短くなり衝突の恐れが有る場合警報によって注意を促します。

VRU (Vulnerable Road Users) Detection Icon

VRU (p)
(Vulnerable Roads Users Detection)

交通弱者検知は車道・歩道をスキャンし歩行者やサイクリスト」との差し迫った衝突
の危険を警報によって注意を促します

Lane Departure Warning (LDW) Icon

LDW
(Lane Departure Warning)

車線逸脱警報は走行車線のレーン マーカーを検知し、運転者が意図せず走行車線から
逸脱しそうなとき、警報によって注意を促します

フリートマネージメントへのAI技術の導入が加速

Brodmann17は先進的なAI(人工知能)ベースのドライバー支援ソフトウエアをビ
デオ  テレマティーク サービス プロバイダーに提供しています。
このソフトウエアは道路に向けられたカメラで捉えられた、車両、歩行者、
サイクリスト、レーン、交通標識、信号機等の検知と前方にある対象物との
距離、相対速度を計測します

衝突までの時間を計測することによって事故の可能性を予測し運転者に対し注
意を喚起することによりフリートマネージャーはドライバーの運転挙動、保険料

金の削減といった課題に取り組むことが可能となり車両の運行管理の効率化と運
用コスト低減が可能となります

ドライバースコアリングが可能

ビデオを解析することでドライバーの運転挙
動を理解しドライバーの訓練、コーチング, パーフォーマンスの向上を図ること
が可能となります

画像データ取得の最適化

大容量のデーターを取得しクラウドへアップロードすること、手作業によるにデータ分析の必要性を

不要にします。

コスト削減

衝突回避システムは道路上で発生する様々な事象を正確に理解する上で非常に
重要なシステムです。唯一カメラのみが急ブレーキが不注意によるものであった
か安全の為の反応であったのかの区分けを可能にします。リアルタイムでの自動
的なビデオによる理解はドライバーの運転挙動と安全性を向上させると同時に保
険料コストの低減を図ります。

自動的かつ正確に分析

事故直前の事象の映像録画

低処理能力プロセッサー上で最 高のパーフォーマンス

既存のハードウエアプラットフォームを最高レベルのADAS機能を持った装置へハードウエアコストを抑えて改装可能

真のエッジソリューション

衝突回避システムをエッジ側で持つことによりフリートマネージャーはクラウドとの接続と  クラウド上のデータに頼ることなくリアルタイムに路上の状況を把握することが出来ます。

次のようなご希望をお持ちであればWebからのコンタクトをお待ちします:

 現在使用中のカメラ,レンズでどの程度のプロセッサーの処理能力が必要か評価をしてみたい

データ取得とアノテーションに必要なガイダンスが欲しい

開発目標の製品の必要要件、仕様を定めたい

センサーフュージョンについてもっと知りたい

どのように短期間でBrodmann17の技術を自社の製品に実装組み込むか知りたい

評価試験をしてみたい